現代人ではあごが小さくなる傾向にあり、最後にはえてくる親知らずはきちんとはえてこず、骨の中に一部埋まった状態になっている方が多いと思います。
このような歯を「埋伏智歯」と呼び、一部がはえてきた状態で放っておくとその歯自身がむし歯になるだけでなく、まわりがはれてきたり、その前の歯がむし歯になったりするため、早い時期にとってしまうことをお勧めしています。
骨の中に埋まった歯をとるために、骨を少し削ったり、歯を割ったりすることもあります。
親知らずが少し頭を出している、ななめに生えてきているという方がよくいらっしゃいます。親知らずとは、基本的にはなくてもよい歯のことです。まっすぐに生えていても、歯ブラシがとどかなくて、すぐに虫歯になってしまいますし、歯周病の原因になることが多く、腫れてきたり、痛くなったりします。1本でも多くの歯を残していくためにも、腫れてくる前に抜いてしまった方がよい場合があります。