虫歯がかなり進行してしまい、残りの歯質が少なくなってしまったために、歯の全周に金属をかぶせる治療法です。
この合金をかぶせる治療をクラウンといいます。
材料は次のようなものがあります。
 
特 徴
(1)金銀パラジウム合金(保険適応)
銀色です。粘りが少ない材料のため、詰め物の縁が欠けやすく、適合性が少し劣ります。金属アレルギーが起こることがあります。
(2)ゴールド(保険外)
歯とよくなじみ、適合性も良いため、虫歯が再発しにくいです。貴金属ですので、変色しにくく長持ちします。
(3)強化プラスチック(グラディア)(保険外)
従来のプラスチックの欠点である水分の吸収や摩耗を改善しています。審美性だけでなく適合性にも優れています。透明感はセラミックに比べ弱冠劣ります。
(4)セラミック(保険外)
歯の変色や摩耗が起きず、臭いも発生しません。見た目に一番自然の歯に近く、審美性に最も優れています。
金属アレルギーの心配もありません。
術前の状態
 
術後の状態
前歯の小さな虫歯は、白い詰め物で対応できますが、大きな虫歯になると、いわゆるさし歯(かぶせ)になります。それらの種類をご説明致します。
この合金を詰める・かぶせる治療をクラウンといいます。
 
特 徴
(1)硬質レジン前装冠(保険適応)
使用する金属は金銀パラジウム合金で、見える部分にプラスチックをはりつけます。多孔性で水分・唾液を吸収するので、数年で変色(黄色っぽく)し、においを発生します。
(2)セラミック(保険外)
見た目に一番自然の歯に近く、歯先に透明感があり、変色もしない。
金属も貴金属を使用するので、金属アレルギーの不安もありません。
進行した虫歯の治療方法です。虫歯は進行すると、削る部分が増えたり、虫歯による穴のかたちも複雑になり、それにピッタリ合った型(印象ともいいます)をとり、その型に合金を流し込んで(鋳造といいます)詰め物を作ります。
この合金を詰める治療をインレーといいます。
 
特 徴
(1)金銀パラジウム合金(保険適応)
銀色です。粘りが少ない材料のため、詰め物の縁が欠けやすく、貴金属と比べて適応性が少し劣ります。金属アレルギーが起こることがあります。
(2)ゴールド(保険外)
歯とよくなじみ、金属が延びるので適合性も良いため、二次的に虫歯が再発しにくいです。貴金属ですので、変色しにくく長持ちします。
(3)超硬質プラスチック(グラディア)(保険外)
従来のプラスチックの欠点である水分の吸収や摩耗を改善しています。
審美性にも優れています。
術前の状態
 

術後の状態