歯そのものの病気(虫歯)ではなく歯を支えている周囲の病気です。自覚症状がなくどんどん進行します。ほっておくと歯が動いたり、歯肉が腫れたり、歯肉からうみが出たり、口臭がします。治療をしないと歯は抜けてしまいます。
1.健康
歯ぐきの色もピンク色で引き締まっています。
2.歯周病
歯ぐきが赤く充血して触ると血が出ます。
3.歯槽膿漏
炎症が歯槽骨まで達して歯の周りの骨を少しずつ溶かしています。
4.歯ぐきの症状悪化 5.膿の出がひどくなる。
歯がひどく動揺する。
6.垂直的に歯が動いて抜ける。
歯周病は数種類の細菌による感染症です。それらの細菌は、歯の汚れ=歯垢(プラーク)や歯石に宿ります。
また、不正な歯並び、かみあわせ、全身疾患 なども副因となります。
私たちの歯と歯肉の境目には、健康な人でも1〜2mmくらいの浅い溝があります。 この溝に、プラーク=歯垢が残ったままでいると、プラーク中の細菌が増えてきます。 プラーク中の細菌が増えてくると溝に入り込んで毒素を出します。 歯肉が赤く腫れたり出血しやすくなったりします。これが歯肉炎です。

毎日のブラッシング、プラークコントロール
定期検診
 


歯肉の検診(歯周ポケットの深さを計り歯周病が進行してないか調べます)
歯石とり(スケーリング)
ブラッシング指導